英語圏の人は褒めるのが大好き!?



英会話の勉強をしていて、コミュニケーションは取れるのだけれど、いつも同じような表現になってしまうなー、なんて思ったことはありませんか?


実は、英語には単に褒める言葉だけでも日本語とは比べ物にならないくらいたくさん種類があるんです!



南部の港町ブリストルのCliftonというエリアの街並みです


今日はその一部を紹介してみようと思います。


あくまで人による違いや、口癖などがあるので厳密な区分ではないのですが、イメージとしては褒める度合いが弱い順にこんな感じになっています。


レベル1 Good/Interesting

このあたりはおなじみなので説明はいりませんね!


レベル2 Great/Lovely

グレートは定番で、Lovelyはとてもイギリスらしい表現です。別に花柄のかわいいものに対して使うわけではなくて、なんにでも『良いね!』くらいの感じで使うことができます


レベル 3 Amazing/Awesome/Brilliant/Wonderful

AmazingやWonderfulは驚きが語源となっている単語で、Awesomeはどちらかというとアメリカ流、Brilliantはイギリス人がよく使う単語です。このあたりで日本語にすると、『素晴らしい』くらいでしょうか。


レベル4 Superb/Splendid/Fabulous/Fantastic

これらは本当に素晴らしいものを褒めるときに使う言葉です。FabulousやFantasticあたりは比較的個人差がありますが、もし誰かにSuperb!やSplendid!と褒めてもらえたらそれは全力の誉め言葉なので喜びましょう。


レベル5 ちなみにですが、さらに、absolutely+上のレベル3-4形容詞というパターン(例: Absolutely fantastic! や Absolutely superbなど)でさらに高レベルの誉め言葉にすることも出来ます。


是非皆さんもこのうちのどれかをいつか使ってみてくださいね!

161回の閲覧

info@elf-academy.com  Tel. 095-801-0871 

〒850-0877 長崎県長崎市築町4-13伊藤ビル2階

​営業時間  火〜金14:00~22:00  土10:00〜18:00   定休日 日・月

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

©️2018 ELF Academy